おはようございます。

土曜日は早朝から出掛けてしまい
一日動いていてアップできずでした。(>_<)(>_<)

桜がどんどん咲く1週間。
この時期はみんな上を向いている気がします^^

お立ち寄りいただいてありがとうございます。
訪問とっても嬉しいです。

よかったらゆっくりしていってください。
IMG_1524

これは先週の日曜日に焼いたパン。
(まだまだ追いかけ日記状態です・・・ごめんなさい)

久々ミルクフランスにしました。
ほんのり甘いパンが食べたくて。
IMG_1546

強力粉だけでなく薄力粉も合わせて
もっちりというより、軽めなさくっとふんわりしたパンに仕上げます。
IMG_1543

細長くて切込みの入った形はちぎって食べるのも楽しいです。
IMG_1558

パン屋さんのミルクフランスって
真ん中だけ紙が巻いてあったりします・・・
なんでだろ。
真ん中を持って食べる食べるためかなあ・・。

確かにこうすると食べやすいです。
IMG_1566

***ミルクフランス。

***ソフトミルクフランス。 6本分

=A=
強力粉・・・50g
砂糖・・・大さじ1
ドライイースト・・・小さじ1
ぬるま湯(30度位に温める)・・・125cc

=B=
強力粉・・・120g
薄力粉・・・30g
バター・・・10g
塩・・・小さじ1/2

=C:ミルククリーム=

練乳・・・40g
砂糖・・・40g
牛乳・・・100cc
片栗粉・・・大さじ1
バター・・・15g


全粒粉・・・適量


*下準備*
・ミルククリームを作る。(二次発酵の間でもOK)

P1)練乳、砂糖、牛乳、片栗粉をフライパン(出来ればフッソ加工のもの)にあわせてよくまぜ、弱火にかけ、トロミが付くまでなべ底をかきながら沸騰させる。
P2)P1をしっかり冷まし、バターを加えて良く混ぜる。



*作り方*

1)ボウルに材料Aをあわせて、滑らかになったら、材料Bをあわせる。

2)ボウルの中でひとかたまりになったら、こね台の上で表面がつややかになってまとまるまで、こねる・叩くを繰り返す。(捏ねやすい生地です。フランスパン風のざっくりした食感にしたいので、捏ねすぎず、弾力が出ればOK)

生地を丸く整え、とじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをかけて40℃で20~30分、一次発酵させる。

3)生地が1.5倍の大きさになったら、ボウルの中で優しくガス抜きをして、8個(1個約50g位)に分割して丸める。
硬く絞った濡れふきんをかけてベンチタイムを10分とる。

4)成形する。
IMG-2675-1



$よめ膳@YOMEカフェ

綴目を上にして、手のひらサイズのだ円形に広げる(A)
手前の生地を真ん中へむかってたたみ(B)
手前から巻く(C~D)
両手の下で転がして20㎝の棒状にする(D)
同じく残りの生地を成形して、オーブンペーパーを敷いた天板に並べる(F)

5)硬く絞った布巾をかけ、
40度の所で25分2次発酵させる。


6)1,2倍くらいに膨らんだら(写真下右)

IMG-2685-2

ハサミで切込みを入れて
上から薄力粉を振り
IMG-2686

190度に予熱をあげたオーブンで
13~15分焼く。

パンの粗熱が取れたら、切り込みを入れてクリームをサンドする。




皆様良い日曜日の朝を迎えていますように。

家族日記はこの下です。


******************


もしよかったら読者になってくださいませ↓




押してくださった方!ありがとうございます!!!



82c51ca9.gif猫手82c51ca9.gif

週末の夜は、ユウと私
お互い食卓で作業。

ユウは宿題。(自分の部屋で全然 まったく勉強しない彼女)
私はパソコン作業。

黒幕父さんの帰りを待ちながらの夜の時間でした。

金曜日の夜は寒くて
二人でミルクティを作って
飲みました。

ミルクティのカップが熱くて
持てないユウ・・・紅茶のカップは
薄いから解らなくもないけれど
持ち手を持ってもまだ熱いから。と
タオルを介して持つ彼女。

猫手(・・・って言う言葉があるのかは
わからないけど)で、熱いものをもつのが
苦手です。
その上猫舌でもあるんだから
無理して熱いの持たないで
待ってればいいのに
”だって、早くのみたい”と
タオルで囲んでカップを持ち
ふーふーして。
随分と苦労しながら ミルクティ飲んでました^^

紅茶が飲み終わるころには
ユウは宿題が終わっていました。

”足が痛い・・・”と私が漏らすと
食卓の下に入り込んで足をもみもみしてくれました。

やさしーーーい!
ありがとう!

子供の手は小さくて、指が細くて
この”もみもみ”加減がすごーく気持ちいいのです。

マッサージでなく、もっと強い刺激が欲しくなり
足裏をパンチしてもらうとこれまた気持ちいい。
ユウの猫パンチ。ちょうどよい弱さ。

食卓の下からこちらを見上げるユウの様子は
ほんとに猫みたい^^

”マッサージ気持ちよかった。ありがとう。”と言うと
すり寄って来て、私の冷めたミルクティを飲んでました。

しばらく私の横にくっついて
パソコンの画面を一緒に眺めたり
おしゃべりして

そのうちに いつもの筋トレをはじめ

まだ帰らぬ黒幕父さんを待ちながら
ソファの上で丸くなって寝てました。

猫手
猫舌
まるくなって寝るユウ猫と

なんてことない時間が楽しいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック