$よめ膳@YOMEカフェ
昨日は肌寒いくらいのお天気だったので
具だくさん豚汁をお味噌汁代わりに。

先日の、家族のお気に入り”焦がし醤油とコチュジャンの豚汁→☆”をちょこっとアレンジ。
焼きトマトの旨味も加えてみました。

$よめ膳@YOMEカフェ
具だくさんです♪

$よめ膳@YOMEカフェ
そして焼きトマト。

焼いたトマトの香ばしさと酸味が
5月の豚汁らしいなあーと
しみじみ飲み干したのでした。

昨日の献立は
$よめ膳@YOMEカフェ
秋刀魚の干物。
大根の胡麻炊き。
もやし、人参、きゅうりの中華サラダ。
梅干しのっけの茶わん蒸し。

焼きトマトのコチュジャン豚汁。
麦入りごはん。



$よめ膳@YOMEカフェ
秋刀魚はユウのリクエスト。
”2ひき、たべるぞー!”と意気込んでいましたが
1匹でお腹いっぱい。

***焼きトマトのコチュジャン豚汁。 4人分

トマト・・・大1個
牛蒡・・・1/2本(50g)
蓮根・・・1/2節(直径4㎝位のもの:5㎝位)
人参・・・1/3本
長ネギ・・・1本
椎茸・・・4枚
油揚げ・・・1枚
コンニャク・・・1/2枚

醤油・・・小さじ1x2
コチュジャン・・・小さじ2
味噌・・・大さじ1

豚小間肉・・・200g

だし汁・・・600cc(なければ600ccの水に和風だしの素小さじ1)

青ネギ(小口切)・・・5本分

1)ゴボウは包丁の背で皮をこそげ、ササガキにする、酢水(分量外)にさらす。
蓮根は皮をむいて薄い半月切り、人参、油揚げは短冊切り、長ネギは斜め薄切り、椎茸は斜めそぎ切り、コンニャクはスプーンなどで小さな一口大にちぎる。
トマトは2㎝角に切り、薄力粉(適量)を全体にまぶす。

2)鍋にサラダ油(大匙1)を温めて、トマトを焼き付ける。あまり動かさずに焼き色をつけ,
醤油(小さじ1)を加えお醤油をちょっと焦がすように火にかける。

3)トマトの半分取り出し、お肉を炒め、色が変わったら1の野菜を加えざっと炒める。
4)だし汁を加え煮立て、アクを引き、コチュジャン、味噌、醤油(小さじ1)を加え取り置いた焼きトマトを加え一煮立ちさせる。

青ネギをふって出来上がり。

***続きは育児日記です。


けんか

ユウが生まれる前から、もうずっと前から
朝と夜は絶対に怒った顔をしないようにしようと決めてた。

一日の始まりの朝を
明日につながる夜を

怒った顔で過ごすのはもったいないから、
イライラは大切な家族や周りの人にも
悲しくどんどん伝染してしまうから、

朝と夜は
にこにこ。

そうすればお昼も、にこにこ。一日にこにこで過ごせる。

たとえ、家族や何処かの誰かからイライラが
届いてしまっても、自分の所で伝染を止めるんだ。

朝と夜は特に気を付けて にこにこ。


ずっとずっと自分に言い聞かせてきたのに、
昨日は些細なことで
怒ってしまった

本当に本当に些細なことで。

今週のピアノの宿題が難しくて
練習がうまく進まず諦めがちなユウだった。
想いに技術が追いつかず
一人で怒ってる。

結局練習もあまりしなかった今週。
レッスン当日になっても
拗ねている。

イライラしながら朝ごはんのお膳も邪険に扱うユウに
”おちゃわん、かわいそう”と
注意したのを引き金に、

ピアノの事まで口出してしまった

”ユウが毎日練習してる姿を見るのが好きだった。
完璧に出来なくても、練習してたら、先生にはちゃんと伝わるんだよ。
そんな風に怒ったら、お母さん悲しい”

と伝えたら

びっくりした顔の後
下を向いて

”だって、できないんだもん・・・。”と
泣き出してしまった。



涙を見て、即後悔。

ああ・・・
朝からこんなこと言うべきじゃなかった。
練習しないでいた事、一番心に引っかかっていた事
ユウ自身が一番わかって、後悔していた事なのに。
理解していることを再度私から、言葉にして攻撃しなくても良かったのに。


”ごめんね。来週からまた がんばろう”と
言ったけど

”だって、できないんだもん・・・。”と
同じ言葉を繰り返す。


登校時間まで少し時間があったので
一緒に練習した。

仲直りした風だったけど
ユウの目はずっと涙で濡れたまま。

”また ちゃんと れんしゅうするからね”
と言って学校に向かって行った。


洗濯物を干しながら
ユウの小さいTシャツや靴下を見て
”ごめんね”と思う。
大きくなったけど
まだまだ7歳。

遊びたい気持ち
練習したい気持ち
上手になりたい気持ち

上手にすべてに前向きになるのも
難しいよね。

年齢だけはいい大人な私だって同じなのに。

いかにも正しいというように
責めてしまった自分を後悔。
もっと違う形で、ユウの気持ちに葛藤に
寄り添うことが出来ただろうに。



仕事から帰ってピアノのクラスへ。
ピアノの先生が
レッスンの後
”上手に弾けてましたよ”といい
教室に通してくれて、
ユウは弾いて聴かせてくれた。


ユウの演奏は
緊張していて、でも集中して
楽譜と手を真剣に見て

・・・とても上手だった。

思わず拍手したら、ユウが抱きついてきた。
”おかあさん、ごめんね”
”こちらこそ、ごめんね”

私は左手で傘をさして
ユウは右手で傘をさして

手を繋いで帰りました。

”つないだ手が、ぬれちゃうねー”と笑いながら。

やっぱり仲良しがいいな。
朝からけんかして、ごめんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

トラックバック